鏡のワーク


鏡は、古今東西、神聖な物として大切に扱われてきました。

日本では、三種の神器の一つでもあり、ご神事には欠かせない鏡。

”カ・ガ・ミ”の”ガ”(我)”を取ると、カミ(神)でもあり、自分の中の神性に氣づくため、神社には鏡が祀られていると伝わっています。

実際、鏡のワークは、心身統一道を確立した中村天風や、ベストセラー作家のルイーズ・ヘイなども、推奨してきたパワフルなメソッド。

深い自己否定感に苛まれ、かつては自分の存在価値を全く感じられず、生きるのがただ苦しいだけだった時期を味わった私。

鏡の中の自分と向き合う事で、徐々に、自分を知り、認め、ありのままの自分を受け入れ、

”人生、最高に楽しい!”

と、ときめく毎日を送れるようになりました。

この、素晴らしい鏡のワークを、一人でも多くの方にお伝えしたい!と、心から願っています。

子供の頃から、アニメの”ヒミツのアッコちゃん”が大好きで、小学生の時に買ってもらったコンパクトは、40年来の宝物。

あなたも、不思議な鏡の魔法を使って、自分の中の光(可能性)を目覚めさせ、人生を好転させませんか?